ローズ

◆ローズレッド

甘くて上品な香りのローズレッド
鎮静効果があり、心身ともにリラックスさせてくれます。
女性ホルモンのバランスを整え、アンチエイジング対策にも
生理不順、更年期障害の症状の緩和
菌の増殖や炎症を抑えたりといった効能があると言われています。
レッドはローズピンクよりバラの香りが強く「ハーブ蒸し」に最適!!

よもぎだけだと少し匂いが苦手な人でも
ローズレッドをプラスすることで
効能はもちろんですが、香りで癒される~と大好評です。

ハーブは害虫駆除に薬品を使っていない無農薬を使用。
害虫を寄せ付ける前に大自然の中で自然乾燥をさせてるようです。

◆ジャーマンカモマイル
(不眠、消化不良)
◆パセリ(滋養成分が豊富、毛細血管を強壮)

◆艾葉(ガイヨウ)

含まれている有効成分はシネオール、ツヨン、ボルネオール、カンファーなどの他
脂肪油のパルミチン酸、オレイン酸、リノール酸、ビタミンA、B1、B2、C、各種ミネラルなど
抗菌作用、去痰、子宮刺激作用があり、
月経過多症や月経痛などの月経異常に効能があります
血行促進、冷え性の改善、便秘などにも効果

別名を【ヨモギ】
艾葉には生理を調整する作用がありますが、同時に子宮を刺激する作用もあるため、
生理不順や冷え性の症状には適応します

◆人参(ニンジン)

ストレスや疲労を取り除く効果がある他、
消化不良、食欲不振、嘔吐などに効果があり、自律神経の乱れを整える作用もあります。
他の漢方の薬効を強める働きがあるとされています
血行が良くなることにより、貧血、冷え性、頭痛肩こりも改善されます。
臓器の働きを活発にする効果もありますので、胃腸の働きが良くなることで消化機能も改善されます。
自律神経を調整する効果も

◆益母草(ヤクモソウ)

シソ科ホソバメハジキの全草。
成分としてはアルカロイド、イリドイド、ジテルペン、フラボノイド、カフェイン酸、タンニンなどを含む。
子宮収縮作用、利尿作用、活血調経・行血去瘀作用があり、婦人科の常用薬、リユウマチにも
月経の血に塊があったりするように血の循環が悪いときの生理不順・生理痛・無月経
産後の腹痛・性器出血など、益母草は婦人科専門で、乳腺炎にも使われています
中国では、子宝の薬草としても用いられていた。

◆川弓(センキュウ)

セリ科の植物で根茎を湯通して乾燥させて用いる
身体のバランスをとり、風邪による頭痛、偏頭痛、肩こり
頭痛やのぼせ 貧血傾向 各種婦人病、冷え性・貧血・生理痛・月経不順など
血液の循環を改善し、身体をあたためたり、皮膚を潤し、ホルモンバランスを調整する効果もある。
月経不順、月経痛、月経過多、冷え性、しもやけ、しみ、高血圧症、貧血症、更年期障害を改善する。

◆当帰(トウキ)

セリ科シシウド属ニホントウキの根を湯通しして乾燥させたもの
末梢血管拡張作用・解熱作用を示し、鎮痛・鎮静・浄血・強壮薬として用いられる。
鎮痛・解熱, 筋弛緩, 末梢血管拡張、抗癌剤の副作用軽減
月経不順、更年期障害など、婦人科の要薬として使用され、女性の不妊症に効くとされています

◆甘草(アマクサ)

カンゾウの根を乾燥させたもの。
主成分としてグリチルリチンを含み、緩和・鎮咳・去痰薬として用いるほか
消化器の潰瘍かいようなどにも用いられる。
喉の痛みや咳を鎮める効果があるとされています。
緩和作用、 止渇作用

◆紅花(ベニバナ)

キク科のベニバナを乾燥させたもので、ビタミンEやリノール酸を含んでいます。
紅花には、カルタミン、サフロールイエロー、脂肪油、リグナンなどが含まれている。
月経調整作用、鎮痛作用、血液の流れを改善する活血化瘀作用
高血圧、動脈硬化、脳梗塞などの心血管系の疾患や
月経痛や月経不順などの婦人病にも用いられている。
かさぶた、かゆみなどを解消し湿疹、乳幼児の湿疹を改善する。

◆薄荷(ハッカ)

頭痛、風邪、食欲不振、口臭、更年期障害、精神疾患
目の充血、咽喉の腫脹疼痛など良いとされています
抗菌作用があるとも
皮膚病の原因となるものを取り除く効能を持っており、にきびなどの顔の皮膚病を改善
女性の生理や更年期にともなう頭痛を防いだり、抑える働きがあります
身体の中の熱を和らげる働きがあり、体内の水分循環を正常化して、便通をよくする効能もある。
のぼせ、肥満症、むくみ、便秘、心臓衰弱、動脈硬化などの改善に用いられています

◆茵陣(インチン)

肝臓や胆のうの病気にともなう黄疸によい
じん麻疹や口内炎、便秘がちの人に向きます。
口や喉の渇き、便秘、尿量減少などの症状がある場合に用いられます。

◆陳皮(チンピ)

ミカンの成熟果実の皮を完全に乾燥させたもの気分をリラックスさせてくれます
整腸、鎮咳、発汗作用があります
体温下降・降痙攣作用・抗炎症・抗アレルギー・芳香性健胃などにも
胃腸虚弱や感冒に用いられる。
欲不振、吐き気、胃のもやもや、咳、痰が絡まる
イライラ、鬱々とした気持ちをほぐします。
精神不安、のぼせ、PMS、逆流性食道炎

◆黄柏(オウバク)

ミカン科キハダ属の落葉高木。強い抗菌作用を持つ。
下痢 消化器系の不調 打撲や炎症
解熱作用、消炎作用、健胃作用、胃腸炎、腹痛、黄疸、下痢などに良いとされています
打撲傷、神経痛などに外用

◆白術(ビャクジュツ)

キク科の根茎
水毒を除く要薬として、腎臓機能の減退による尿利の減少、胃腸炎、浮腫などに応用
代謝異常を治す。頻尿、多尿

◆桂皮(ニッキ)

糖尿病などによる血糖値の上昇を抑える効能
毛細血管の老化防止、発汗作用
頭部の血管けいれんによる頭痛
唾液や胃液の分泌を促進して消化を助けます

◆五味子(ゴミシ)

マツブサ科のチョウセンゴミシの成熟果実
慢性疲労からくる倦怠感がとれない時
果肉と種で異なる成分が含まれます。
鎮咳作用、止汗作用、 強壮作用 、滋養作用 

◆茯苓(フクリョウ)

サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核をそのまま、または菌核の外層を除去して乾燥させたもの
利尿・健胃・強心・鎮痛・鎮静の効能
めまい、咳・頭痛・下痢にも利用されます
吐き気や胸やけがあり尿量が減少している人に適用

◆杜仲(トチュウ)

杜仲の樹皮を処理して乾燥したもので樹皮成分を豊富
腎臓や肝臓疾患、血圧降下作用など
滋養作用、 強壮作用 、鎮痛作用、強筋骨作用、利尿作用 

◆牛膝(イノコズチ)

ヒユ科の根。日本産はヒナタイノコズチの根。
抗アレルギー、抗骨粗鬆症
通経、利尿、鎮痛薬、月経不順、お血、腰膝

◆狗脊(クセキ)

腰痛、背中の痛み、関節痛、足腰の衰弱、失禁、頻尿
補肝腎、強筋骨、鎮痛、リュウマチ、神経痛、小便頻数に応用

◆蒼朮(ソウジュツ)

香性健胃、利尿、発汗、鎮痛、鎮静 、燥湿健脾
健胃作用、利尿・発汗作用、鎮痛作用、血糖降下作用、強壮作用

◆葛根(カッコン)

マメ科のつる性の多年草(葛)の根を乾燥させたもの
処方した漢方薬「葛根湯」は風邪薬としてとても有名
発汗作用があり、これにより悪寒・発熱の熱や痛みの症状緩和
鎮痛作用があり、
女性ホルモンの一種エストロゲンに似たイソフラボンを誘導する物質【イソフラボン誘導体】”を含んでいます
更年期の症状である頭痛、イライラ、のぼせを正常な状態に導いてくれます。
更年期障害の緩和に有効

◆露根(ロコン)

イネ科ヨシ.の根茎。蘆根の乾燥したものをいずれにも用いる
消炎、利尿、解毒 、フグ中毒に対して解毒作用があり
熱性の口渇、黄疸、関節炎、肝臓疾患、鎮嘔消炎利尿薬、

◆玉竹(ギョクチク)

ユリ科の多年草、アマドコロ、および近縁植物の根茎
強心作用、消炎性滋養、強壮薬、口渇、発熱、多尿、遺精

◆枸己子(クコシ)

ナス科のクコまたはナガバクコの果実
血圧低下、滋養強壮薬、肝腎滋補、虚労、腰膝の疼痛、無力感などに用います
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://purer.blog94.fc2.com/tb.php/886-76427c8c
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ